値上がり、値上がりともう耳にタコが出来るほどの勢いなので、販促も大事だが原価管理も大事だなぁと身にしみることが多いものです。


今までは、高く売ればええやんとばかり思っていたのですが、いくら売っても原価管理が悪ければ、(支払がザルでは)どうしようもありません。


たとえば、見積りの取り方一つにしても、図面を送って一斉に見積りを取るという事は、協力業者に「あなたの言い値はいくらですか?」と聞いているのと同じことだと思うのです。


こっちが発注する立場ですが、それにアグラをかいていると私は思うわけです。


などと偉そうな事を言っていますが、なにを隠そう、私なんてはっきり言って、ザル(カモ)業者NO1だったと思います。

なぜかというと、売ることに自信があるので、値切ることなんて考えたこと無かったからなのです。


いくら、受注を取っても、支払い(発注)がザルなら意味がありません。


もう一度、発注を見直して見られてはいかがでしょうか?

コストダウン裏マニュアルはこちら